Doctor in Hospital
このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

問題解消へ

不妊の問題として上げられるのには無精子症と言った症状があります。この症状が不妊の原因の一つなのですがこの確率は高いと言われているのです。その無精子症の症状の特徴についてです。

Read More

体を冷やさない

不妊の原因をしっかりと調べることにより的確な治療が出来ますよ。まずは病院で検査してもらいましょう。

妊娠適齢期を知っておきましょう

妊娠適齢期と言うのは20歳から34歳と言われていて、35歳を過ぎると卵子の数が減って卵巣機能が低下すると言われています。個人差はありますが一般的に卵巣機能が低下することにより、不妊や流産のリスクが高くなります。けれど現代の女性は社会で活躍する人も増え、気がつけば35歳を過ぎてしまったと言う話も少なくないです。もちろん35歳を過ぎても妊娠も出産も可能で、最近ではそう言ったケースは珍しくないです。けれど妊娠しやすくするためには、妊娠しやすい体づくりをしなくてはいけないのです。妊娠の確率自体は以外と低く、思ったほどすぐに妊娠はできないものです。すぐに妊娠を希望であれば、お金はかかりますが医療機関で指導を受けることで妊娠しやすくなります。

妊娠したいなら妊活をしよう

妊娠しやすい体をつくることを妊活と言っていて、今赤ちゃん待ちの人たちの間ではよく使われている言葉です。妊娠しやすい体と言うのは主に卵巣機能を高めることで、特に冷やさないことが大切と言われています。昔の女性は体温が高くて36.5度から37度が平熱と言われていたため、卵巣機能が高く今ほど不妊に悩む人も少なかったです。現在では体温が低い女性が多く、それが不妊の原因になっていることも事実です。妊娠しやすい体になるためには、体を温めてバランスの良い食事をとってストレスを溜めないことが一番なのです。体が良い状態になるとホルモンバランスが整い、子宮に赤ちゃんが宿りやすくなります。妊娠するまでどんな時でもあきらめずに、妊活をおこなって赤ちゃんができるのを待つと良いです。

PICK UP

止めれば妊娠可能

ピルを利用する中で、長期間の服用に対して不安を感じることはよくあります。ここで知っておきたいのは、継続的に服用して問題がないばかりか、むしろ推奨されている点です。また、妊娠機能は服用を止めれば正常に働きます。

Read More

女性と男性の違い

不妊の原因は、一昔前までは女性だけが原因とされていました。しかし、医療技術の進化によって男性にも原因があることが解明されました。原因は1つだけではなく、複数ある場合もあります。

Read More